知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

節分は福は内だけ?鬼は内や悪魔外だってあるぞ!

time 2015/11/15

LINEで送る
Pocket

 

節分の豆まきのかけ声って、あなたのご家庭ではなんて言います?

普通「鬼は外! 福は内!」ですよね。

もちろん我が家も一緒です。うちの近所は、学校でも幼稚園でもおんなじ。

 

でも、場所によっては違うところもあるみたいですね。

変わったところで言うと、こんな感じです。

  • 「福は内!鬼は(も)内!」
  • 「福は内!」だけしか言わない。
  • 「福は内!鬼は内!」のあとに「悪魔外!」

最初に聞いた時は、ホントかよ?と思いましたが、よくよく理由を調べてみると、

納得しちゃいました。

 
では、なぜそんな風習があるのか?その理由をみていきましょう。
 

sponsored link

「福は内!鬼は内!」の理由と意味

 

普通は、幸運を呼び込むために家の中には、「福は内」。

外から悪いものが入らないように、家の中の悪いものを追い出す為に「鬼は外」。

ですよね?

 

でも、場所によっては「鬼は(も)内!」が当たり前だったり、「福は内!」しか言わないところもあるんです。

 

「鬼は外」と言わないケース

  • 鬼を迎え入れたり祀っているお寺
  • 苗字に鬼がつく家系が多い地域
  • 鬼が良いことをした地域(鬼がつく地名)
  • そもそも鬼がいない(お寺や神社など)

 

これらについて、順番にみていきましょう。

鬼を迎え入れたり、祀っているお寺の場合

 

奈良県の金峯山寺(きんぷせんじ)というお寺では、全国から追い出された鬼を迎え入れているんです。

居場所を追われた鬼が各地からお寺に集まると、山伏が、法力を込めた豆をぶつけます。

すると鬼が平伏し、おとなしくなるので、

「福は内、鬼も内」と言って、迎え入れてあげるそうです。

なんだか優しい感じで良いですよね。

 

知らなかったのですが、鬼を迎え入れてあげるお寺や鬼に関係するお寺は、全国各地にみられました。

たとえば、奈良県にある元興寺(がんごうじ)は、雷神様や『がごせ』という鬼を祀っているため、

「福は内、鬼も内」というかけ声で、豆をまきます。
 
鬼にゆかりのある神様(先ほどの不動明王や雷神・風神・鬼子母神など)がいるお寺などは、殆どの場合「鬼は外」とは言わないようですね。

 

なにせ、大事な神様ですから。出てっちゃったらマズイですもんね...

 

鬼は外国人だった?

ちょっと話がそれますが、平安時代の陰陽師として有名な、安倍晴明(あべのせいめい)は、式神という鬼を家来にしていたそうです。

鬼たちは普段、橋の下に住んでいて、用事がある時に呼び、使役していたそうですが、その鬼は、実は外国人だったのではないか?という説がありました。

どうやら、船が難破して日本に漂着した外国の方が、勘違いされて人ではない鬼として、扱いを受けたのでは?ということみたいです。

昔の日本人は今よりも更に小柄でしたし、外国の方を見る機会なんてほぼ無かったからでしょう。

初めて見た外国人は、異様に大きく、肌の色も、眼の色、髪の色もみんな違いますから、びっくりして勘違いしたのかもしれません。

(街に出歩くと、とても目立つので、橋の下に小屋を作って住まわせていたらしいです)
 

本当のところは分かりませんが、外国の方が日本に来て、お寺や国の機関に保護されるというのは、私は納得できる気もしました。

(陰陽師は、今で言う省庁みたいたところで働いていた公務員さんです)

橋の下は可哀想ですけどね...

先ほどの鬼を受け入れたお寺とかも、そんな出来事があったのかもしれませんね。

苗字に鬼がつく家系が多い地域

 

他にも、苗字に鬼がつく家系が多い地域でもみられます。

鬼が外では逆に縁起が悪いので「鬼は内」というそうです。

 

鬼が付く苗字は、「鬼塚さん」「鬼頭さん」「九鬼さん」などいろいろありますよね。

由来は、諸説ありますが、

大体、ご先祖様が、

  • 住んでいた地名に鬼がついていた
  • 鬼神の如く強い侍の家系だった
  • 鬼神様を信仰する地域だった
  • 鬼退治をして鬼の字を拝命した

といった感じの方が多いみたいです。
 
九鬼水軍で有名な九鬼氏にゆかりのある兵庫県三田市などでは、「鬼は内!」には、

「(鬼が領地の内にいることで)末永く平和に統治して下さい」

という意味を込めていたとも言われています。

 

まあ、領主様に「オイ!鬼外出ろ!」なんて言えませんからね...

 

近所のお友達に「鬼◯」「◯鬼」さんがいたら、そのほうが無難かも知れません。

(って、そんなに気にしてないか...)

鬼が良いことをした地域

昔話では大体、鬼が悪者として登場することが多いですね。

でも、中には優しい鬼や、村や集落を作ったり、災害から守ってくれた鬼もいます。

そういった伝承が残っている地域で、鬼は良いものとされていました。

 

群馬県の藤岡市鬼石地区は、名前の通り、鬼が投げた石によって出来たと言われています。

そのため、この地区にとって鬼は守り神のような存在なんですね。

 

なので、豆をまく時は必ず「鬼は内!」といって、迎え入れてあげるそうです。
 

また、こういった地域では、節分の時に、鬼の格好をして赤ちゃんを抱っこするという風習もあります。

そうすることで、赤ちゃんの身体から悪いものを出してくれる、という意味があるそうです。
 

秋田県のなまはげにちょっと似ていますね。

(あっちは子供が悪いことしないように脅かす方ですけど)

 

ちなみに、昔話の優しい鬼が出てくる話は

『岩になった鬼』『島ひき鬼』など、大体、自分がその身を挺して、土地を守る土台になったとか、そういう系が多いです。

(詳しくは触れませんが、タイトル通りのお話です。)
 

鬼がいない場所(お寺や神社など)

 

千葉県の成田山新勝寺で行われる節分会は、毎年豪華なゲストが参加する有名なイベントです。

多くの人が訪れるため、テレビでもニュース番組等で取り上げられたりしていますよね。

節分会では、お相撲さんの横綱や人気力士、大河ドラマの出演者などが、本堂に詰めかけた参拝者に向かって豆をまきます。

 

ん?そういえば、参拝者に豆ぶつけちゃってイイの Σ(゚Д゚)?
 

でも大丈夫!その時の、掛け声は必ず「福は内!」だけなんだそうです。
 

理由は、新勝寺には不動明王が祀られているからです。

鬼は不動明王にビビって、この寺には近づきません。

なので、お寺の中から鬼を追い払う必要がないんですね。

 

他にも、先ほどの鬼に縁のある神社などでも、

わざわざ「鬼は内」を言わずに、福だけを呼びこむ、というところも多いようです。

 
それに、元々豆まきのかけ声は、「福は内」のみだった。

という説もありました。

 
これに対になる掛け声として、鬼(不幸)を外に追い出そうという意味の

「鬼は外」が生まれたとも言われています。

 

なので、迷ったら「福は内」だけというのもアリですね。

 

「鬼は内 悪魔外!」のバージョンもある?

 

調べていくと、

「鬼は外」はダメ!

というところが、けっこう多くみられたのですが、その中に

「悪魔外!(あくまそと)」

と唱えるところもありました。

 

エクソシストか!

と突っ込みたくなる掛け声ですが、悪魔という概念は仏教にも存在します。

 

悪魔というと、キリスト教のイメージが強いかもしれませんが、日本のキリスト教の用語は仏教用語を元にしているものが多いのです。

 

仏教でも悪魔は登場します。

第六天魔王(だいろくてんまおう)とか、魔王波旬(まおうはじゅん)とか言います。

死神の別名という説もあるそうです。

織田信長が比叡山の焼き討ちの時に、自らをそう名乗ったと言われています。
 
このエピソードは結構有名なので、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。
 

逆に、鬼は神様だったり、閻魔大王の部下で、地獄の獄卒として、罪人の管理をしたりしています

他にも、「鬼のように強い!」とか、人間離れしている才能を「鬼才」と呼んだり、どちらかというと、鬼の方がイメージが良い感じです。

なので、鬼という言葉を良い意味で使う場合には、邪悪な「悪魔」を登場させるのも納得出来る気がしました。

でも、「悪魔外!」って、めずらしい感じがするなあ...

 

さいごに

 

いかがでしたか。

自分の家では、昔から豆まきの時には、「鬼は外!福は内!」と唱えるのが当たり前でした。

周りの家庭でもそうだったので、何も違和感を感じませんでしたが、地域によって、いろんな風習があるのが面白かったです。

 

最近では、海外に日本の節分など、季節の行事を紹介することも多く、英語で説明する動画などもアップされています。

でも、日本人の中にも、季節の行事の由来や意味が、よくわからない方もたくさんいると思います。

自分もよく分からず、とりあえず豆まきしてましたね...

 

今回、いろいろと調べていく内に、少なくとも自分の住んでいる国の行事はちゃんと知っておきたいな、と考えるようになりました。

そして、自分の知ったことを、子供たちにもしっかり伝えていこうと思います。

 

家族で行う行事なんて、小学校くらいまででしょうからね。

あと何回できるかな?

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


アニサキスの予防法や治療についてはコレでバッチリ!
腰痛の原因と対策まとめ
二日酔いを解消する記事まとめました

人気記事

まだデータがありません。



sponsored link

カテゴリー

follow us in feedly
UA-40862422-2