知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

子供の発熱時にお風呂はOK?入る時のポイントはココ!

time 2016/02/05

LINEで送る
Pocket

 

子供が風邪で熱を出した日の夕方。

もう一度体温を測ってみると、37.8度です。

「今日お風呂どうしよっか?」
 
子供の発熱は何日も続くことが多いですよね。

 
自分が小さい時は、

「風邪で熱がある時はお風呂入っちゃダメ!」

ってよく言われたものです。

 

子供はお風呂そんなに好きじゃないので、1日くらい入らなくても本人も喜ぶし...

 

でも、何日も熱が続いて入浴出来ない、夏場で汗をかいている、なんて時はべたべたして、ゆっくり休むことも出来ません。

 
こういうときって、お風呂どうしようかな?って、結構悩みますよね?

パパとママの間でも、実家のルールによって意見が分かれたりもするし...
 

以前から気になっていたため、ここはやっぱり専門家に相談しよう!ということで、
 
子供たちが小さい時はお風呂入れ係だった管理人(パパ)が、息子を診察に連れて行った時、小児科の先生に聞いちゃいました!

 

ということで、今回は子供の発熱時の入浴についてです。

  • 発熱時にお風呂に入ってはいけない理由
  • 入浴のボーダーライン
  • 入浴する場合のポイント

 
これらについて、みていきたいと思います。

 

sponsored link

発熱(風邪)=お風呂ダメ と言われる理由は?

 
ウチでも子育てを始めたばかりの時、奥さんにも

「子供の時に風邪ひくとお風呂禁止だったよね。」

って言われました。
 
どこの家庭も同じだったんですね。
 

みんながそう言われて育った理由は、どうやら昔のお風呂事情にあるようです。

昔の日本のお風呂って

  • 母屋の外にある
  • 銭湯に行くことが多い
  • シャワーがない

などなど、湯冷めしやすい環境ですよね?

私はこういった理由から、昔は風邪をひくとお風呂を避けていたのではないかなぁと、推測しています。

 

以前、小児科での診察の時、先生にお風呂入れても良いか聞いたら

「湯冷めしなければ大丈夫!」

「夜はお風呂であったまってから寝た方が良く眠れるよ。」

と言われました。
 
ちなみに、この先生は幼稚園の校医もされていて(校医っていうのか?)、上の娘もお世話になった、近所でも評判の小児科医さんです。

我が家では10年来かかりつけになっているので、何かあればすぐに聞いちゃいます!

 

ちなみに捕捉しておくと、湯船に浸かって身体を温めると、免疫力がアップするんです。

子供が元気だったら、熱があっても入浴自体は悪いことじゃないんですよ~。

 

入浴ボーダーラインは38度!

 
とはいっても、風邪や発熱も関係ない!お風呂はいつ入っても大丈夫!

という訳ではありません。

 
入浴すると、身体は体力を消耗し、発汗により水分を失います。

高熱時は危ないので避けましょうね。

辛そうなら、布団にくるまって動かないのが一番ですから。

 

ちなみに、小児科の先生に聞いたボーダーラインは大体38度位までだそうです。

これ以上は、身体も弱っているので危険とのこと。

 

まあ、これをちょっと超えても、とにかく元気なら大丈夫だそうです。

高い熱を出しやすい子供も多いので、そこはパパママの判断でよいでしょう。
 

ちなみに、ウチの子供は風呂が好きではありません。
 
ある日、風邪の時に熱を出すと、

「ばあば言ってたよね?お風呂ダメなんだよね(ニヤリ)?」

とか言いながらほくそえんでいました。

でも、我が家では既に小児科の先生にリサーチ済み!
 

ウチの子供は、38度をちょっと超えても、

「テレビみせろ、ゲームしたい、退屈だー!(足で掛布団ドーン!!!)」

なので、ちゃちゃっと風呂場に連れて行って、ドンドン入れちゃいます。

 
子供の発熱時ってお風呂入れても大丈夫?

ママ「ほら、お風呂入るよ。」

息子「Σ(゚Д゚)!!!(今日はわがまま放題じゃねえのかよ???)」

息子「はあっ!今ちょっと熱が上がったかも...寝るよ...」

なんて演技は、パパママには通用しません。

 

逆に、素直だったり、暴れずにおとなしく寝ている場合、37度ちょっとでも入浴より休養を優先させています。

ヤツはぐったりしていると、ハムスターのように丸まって動きませんから。

オメー、わかりやすいんだよ!

 

入浴する場合のポイント

 

では、お風呂に入れる時のポイントを。

 

イメージは冬場に赤ちゃんをお風呂入れる感じです。

って、ノウハウ的なものでもないんですけどね...

ちょっと気にしてね!程度に書いておきます。
 

  1. 湯船につかって温まる(時間が長い消耗するので注意する)
  2. 身体を洗うときは冷やさない
  3. 脱衣所に暖房、すぐに身体を拭く+ドライヤー
  4. 急いで着替えて温かい部屋へ

湯船につかって温まる

 

お風呂に入ったら、まずは湯船につかって体を温めます。ご家庭によって、

洗ってから湯船 or 洗う前に湯船

に分かれるところですが、まずは体を温めましょう。

 

ぬるめの湯にゆっくり浸かるよりもちょっと熱め?の40~42度(子供が辛くない温度)で5分とかにします。

※足湯・半身浴的な体が外に出ている部分が多いのはだめです。肩まで浸かって。

これは大人にも言えるそうです。体調不良時は熱めで、短時間!

 

身体を洗うときは冷やさない

 

身体を洗うときは、体を冷やさないように、シャワーかけてあげたいのですが、それだとせっけんの泡が流れちゃいますよね。
 

なので、身体にタオルをかけて、その上からお湯をかけてあげます。

赤ちゃんをお風呂に入れる時って、そんな感じでしたよね?
 

タオルの上からせっけんで洗っても、ちゃんと綺麗になります。

それに、湯船につかった身体って、既に汚れの7割くらいは落ちているんですよ。

 

ちなみに、頭を洗うと湯冷めをしやすいと、よく言われますが、あとからドライヤーでしっかり乾かせば大丈夫!

頭のじっとり・かゆみも、寝苦しさ不快感につながる為、自分は洗った方が良いと思います。

 

脱衣所に暖房、すぐに身体を拭いて着替える

 

お風呂から出たら、すぐに体を拭きます。

脱衣所をヒーターなどで温めておくと、湯冷めしにくいので、おススメです。

 

脱衣所が狭いとか、ヒーターが無い!なんて時は、お風呂に戻って、その中で拭いてあげましょう。

お風呂の熱気が残っているので暖かいはず。

 

身体を拭いたら、すぐに着替えて、髪をドライヤーでしっかり乾かしてあげます。

 

女の子の場合は、髪が長く乾きにくいかもしれません。

それに子供って、ドライヤー長いと退屈なので、逃げようとするんですよね。

自分の場合は、エアコン+こたつ部屋に連れて行って、テレビを見せながらゆっくりドライヤーをかけました。

 

(でも今度は、「聞こえねー!」ってグズられました...めんどくせっ!)

 

温かい部屋で水分補給

 

最後は水分補給です。

暖かい飲み物が理想ですが、お風呂で温まった後なので、ちょっと冷たいものが欲しいかもしれませんね。

うちではヤクルト(類似品で全然OK)でちょっと冷たい感じを味わってから、常温のスポーツドリンクや麦茶を飲ませていました。

基本的には、水分補給さえ出来ればなんでも良いです。

これじゃないとダメ!ありません。

好きな飲み物でも、湯冷ましでも飲みやすいものをコップ1杯程度を目安に飲ませてあげましょう。

あんまりたくさん飲ませると、おねしょの原因にもなっちゃいますからね。

 

まとめ

 

今回のまとめです。
 

  • 入ってはいけない理由は「湯冷め」
  • 38度までなら入っても良い。
  • 発熱が何日が続いていたら、ずっと入浴しないのも気持ち悪いし不潔
  • 1日置きとかそこら辺は感覚でOK

 

お風呂の時のポイント

  1. ちょっと湯船につかって温まる(時間が長い消耗するので注意する)
  2. 身体を洗うときは冷やさない
  3. 脱衣所に暖房、すぐに身体を拭く+ドライヤー
  4. 急いで着替えて温かい部屋へ

 

基本的には、お風呂に入っても大丈夫!です。

ウチの子供たちは、熱が出た時のお風呂で体調が悪くなったり、ぶり返したりしたことはありません。

体温や体の調子に注意して、湯冷めしないようにすれば、全く問題はありませんよ。

でも逆に、

「お風呂に入ると、風邪の治療に劇的に効果があるぜ!」

といった、治療法的な効果もあまり期待できません。

1~2日くらいは入らなくても全然OKですから、症状や回復具合など、様子をみながら判断してあげてくださいね。

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link

follow us in feedly
UA-40862422-2