スポンサーリンク

言うことを聞かない子供の叱り方!素直に聞いてくれる為の5つのポイントとは?

会社から帰ると、家ではママが、「はぁ...」と、疲れているようです。

「どうしたの?」と聞いてみると「子供が全然言うことを聞いてくれなくて...」

 
「じゃあちょっとパパがお説教しないと!」

って、怖いだけじゃ叱る意味はありません。ちゃんと成長を促すのが大事なんです。
 

ということで、今回は『言うことを聞かない子供の叱り方』です。

 

結構ストレートなタイトルですが、「メッチャ怖がらせて言うこと聞かせる」とか、そういう事じゃないです。

子供を叱る時には、とっても簡単だけど、必ず効果が出るポイントがあるんですよ。

 

今回も我が家の子供達に試して、本当に効果のあった方法をお伝えしていきますね。

 
これであなたの子供も素直な良い子になっちゃうかも?

叱る時は「理解と反省」が不可欠!

まず最初に、子供を叱る際に覚えておいて頂きたいのは、

怒られる → 怖い → 言うことを聞いておこう

という図式ですすめてはいけません!ということです。

 

叱る時に必要なのは、本人の

  • 理解
  • 反省

です。

 

叱られた時に

  • 言うことを聞かなければならない理由は何か?
  • 自分のとった行動のどこに問題があったのか?

 

という点について自分で考えて、納得して反省してもらうことが重要なんです。

そうすることで、お説教もスンナリ頭の中に入るし、忘れにくくなります。

更に、子供を叱るときには5つの重要なポイントがあるんです。次の章で説明するんですが、大切な部分なので、しっかりおさえてくださいね。

叱る時に注意する5つのポイント

では、子供を叱る時の注意点についてみていきましょう。

子供を叱る時のポイント

  1. 目線を使い分ける
  2. 子供の言い分を聞く
  3. 聞いた内容をわかりやすく整理して、子供に確認する
  4. 要点をわかりやすく伝える
  5. お説教は短い時間で済ませる

 

それでは、これらの項目について、順番にご説明しますね。

1.目線を使い分ける

子供と大人は身長差がありますよね?

 

なので、大人が立っている目線から怒ると、子供は威圧感から恐怖を感じてしまいます。

そうなると冷静に話し合いも出来ませんので、ちょっと目線を使い分けることを意識してみましょう。

誰かを傷つけたとか、危ないことをした時は、すぐにそれを止めさせるために

「コラ!」と怒ります。これは立ったままで良いと思います。

まずは「悪いことをしたから怒ってるぞ!」という事を伝えましょう。
その後は、子供の言い分を聞いたり、反省を促したりするための話し合いをします。

ここからは、落ち着いて話が出来るように、屈んで子供の目線になったり、自分の隣に一緒に座るように指示して下さい。

サザエさんに出てくる波平が、
「バッカモーン!」と怒鳴った後に、
「カツオ、ちょっとここに座りなさい!」って言う感じですね。

 

ここからは冷静になって、落ち着いて対処していきますよ。

2.子供の言い分を聞く

 

次は、子供にどうしてそうなったのか、聞いてみましょう。

 

「ふざけていただけ」、「他にやりたいことをがあった」、といったくだらない理由だったとしても、ちゃんと聞いてあげましょう。

だって、言うことを聞かなかった時の状況がわからなければ、

  • どこを叱ったら良いか?
  • 子供に何を理解させたら良いか?
  • 最終的にどう反省させるか?

という手順で進めていくことは出来ませんよね?

 

まずは、お互い冷静になって、その時の状況を確認してみましょう。

 

3.聞いた内容をわかりやすく整理して、子供に確認する

 

子供から話が聞けたら、次はこちらの頭の中で、内容を整理します。

 

その後、子供に対して「こういうことだったんだよね?」と確認して、お互いの認識を合わせて下さい。

話が噛み合ってないと、言い聞かせようとしてもまず上手くいきません。

 

もし一方的に叱ってしまった時、それが親の勘違いだったとしても、小さな子供は怒られたくないので、たぶん逆らわないと思います。

でも、納得がいかない場合はその時の事を反省しないので、同じことを繰り返してしまうでしょう。

それでは意味がありませんし、最悪、親子の信頼関係が崩れる原因にもなりかねません。

 

4.要点をわかりやすく伝える

子供とパパ・ママの認識を合わせたところで、

「ここはこういう理由だから、パパ・ママは、こうだと思う。」
「先週、こういうことで注意されたよね?今のこれって、それと同じことだと思わない?」

という感じで、理由とか、過去の経緯などを絡めつつ、諭すように叱りましょう。

 

「こうしろって言っただろ!」

だけだと、

どうだっけ?でも怖いから聞いておこう...」→ 忘れる → 同じ事を繰り返す

といった負の連鎖から逃れられなくなります。

 

こういうループも、「何回言っても言うこと聞かないんだから!」という原因のひとつかもしれませんよ。

 

5.お説教は短い時間で済ませる

あと、個人差はありますが、子供は基本的に集中力がすごい反面、その持続力は弱いです。

 

なので、お説教はあまり時間をかけずに、さくっと済ませましょう。

『ガミガミ』『クドクド』『ネチネチ』に時間に比例した効果があるとは思えません。

我が家の子供なんか、パパがめちゃめちゃ怒っている最中も、ビビリながら目線がテレビに...
なんて事も。

途中から全然、真面目に聞かなくなります。

そういえば私も会社にいる時、上司から意味の無い話をネチネチされると、聞いてるフリして

「今日って、午後から雨だっけ?この後〇〇行くんだよな...」

とか、全然聞いてない時ありますから(笑)。

とにかく、お説教の時間は要点をおさえて冷静に、短時間で済ませましょう。

 

補足 | 怖い存在も大事です!

ちなみに、我が家は比較的ママがおとなしいので、子供達が調子に乗ると、ママの言うことをあまり聞きません。

おもちゃ出しっぱなし、オヤツの袋もそのまんま...

そんな時、ママが言っても聞かなければ、パパに出動命令が来ます。

すると、パパからの「ゴルァアアア!!」と怒号がいっぱつ。

 

その瞬間から、子供たちは、

「やっべええ!怒ってるよ...あ、そうだ!お片づけしなきゃ!」

と慌てて作業を開始します。

 

やり過ぎるとママまでびびって全員固まってしまうし、先程までの方法が無駄になってしまいます。

なので滅多にやりませんが、「この人は怒ると怖い」という人も、家族の中にひとりいた方が良いと思いますよ。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

言うことを聞かない子供に対して

  • 叱る時は『理解』と『反省』が不可欠

 

叱る時の5つのポイント

  1. 子供の言い分を聞く
  2. 聞いた内容をわかりやく整理して、子供に確認する
  3. お説教は短い時間で済ませる
  4. 要点をわかりやすく伝える
  5. 目線を使い分ける

 

いかでしょうか?

こうして書き出してみると、そんなに難しいことでは無いですよね?

 

ちなみに、今回の対処法は、子供にかぎらず大人同士でも使えます。
(上司から部下、先輩から後輩、みたいな感じですね!)

ということで、当然、反抗期になった子供にも使えるので、すごくオススメです。

 
活躍の場が多い?叱り方なので、子育てパパ・ママは是非、覚えておいてくださいね!

コメント