知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

子供の自転車購入!年齢別サイズの目安は?通販と店舗の違い!

time 2014/01/15

LINEで送る
Pocket

 

春になると、小学校や幼稚園では、

新入生を対象にした、交通安全教室などが

開かれるようになりますね。

 

うちの近所では、小学校3年生になると

自転車の安全講習が行われます。

 

お子さんに自転車を買ってあげるタイミングは

ご家庭によって様々ですよね。

 

幼稚園の子供には、練習用の小さな

補助輪付き自転車を購入しようとしたり、

 

小学生低学年だけど、まだ自転車の練習を

していないお子さんは、ちょっと大きめの

補助輪無し自転車を検討しているかもしれません。

 

自転車購入時の年齢別インチ数の目安や、

選び方のコツについて調べてみました。

そろそろ子供用の自転車を購入しよう!

 

自転車に乗るタイミングが早い子は、

幼稚園くらいから、自転車の練習を始めるのですが、

 

うちの子(女の子)は小柄だったので、

なかなか自転車を扱えませんでした。

 

さらに、自分よりも大きい重たい自転車も

怖がっていたので、身体が大きくなるまでは

無理に載せないようにしていました。

 

過保護かもしれませんが、女の子には

傷の残る怪我もして欲しくありません。

 

でも、ウチのおねえちゃんも今は小学2年生です。

3年生になれば小学校で自転車の安全講習が始まります。

 

本人も

「自転車に乗ってみたい、練習をしたい!」

 

と、言ってくれたのと、講習会の際に、自転車に

乗れないままでは、子供が恥をかいてしまうので

 

「ココはお父さんに任せなさい!」

ということで、冬休みに自転車を購入しました。

 

子供に合った自転車の選び方

 

実は以前に、同い年の姪っ子(いとこ)から

20インチの自転車を借りたのですが、

乗った時に、つま先がギリギリでした。

 

子供の自転車を選ぶ時には、

つま先の先っちょが「地面にチョンとつく」

ではダメです。危ないです。

 

乗った時に「つま先がしっかりつく」

ものを選んであげて下さい。

 

年齢別のインチ数は下記を参考にしてみてください。

12インチ  80~105cm 2~3歳
14インチ  90~111cm 3~5歳
16インチ  98~119cm 3~6歳
18インチ 103~125cm 4~8歳
20インチ 110~135cm 5~9歳
22インチ 116~146cm 6~11歳
24インチ 121~154cm 7歳以上

※目安の数字はメーカー毎異なります。

 

うちのおねえちゃんは8歳ですが、学年でも

かなり身長が低い方(118cm)なので、

20インチ手前の18インチが適正サイズです。

 

でも、子供の身長は伸びるのが早いので、

コレだとすぐに乗れなくなってしまいますよね?

 

だからといって、無理して足がつかないサイズを

買ってしまうと、乗れるまでに苦労したり、

乗れるようになっても、道路で運転するときに心配です。

 

なので、ちょっと頑張って、

「つま先がちゃんとつく20インチ」

を探すことにしました。

 

オススメは通販よりも店舗で試乗して購入!

 

通販でもタイヤのインチ数はわかるのですが、

実は自転車によって、サドルの高さ調節が

微妙に違います。

 

平均身長くらいのお子さんであれば、

たぶん心配ないと思いますが、

 

・足がちゃんとつくか?

ということの他に、

 

・乗り降りがしやすいか?

・スタンドが足で立てやすいか?

・全体的に扱いやすく出来ているか?

 

といった項目が店舗に行けば、

実際に確認出来るのでオススメですよ。

 

ついでにヘルメットも試着出来ますしね。

 

うちの場合は、近所のイオンに行って探したところ、

1台だけでしたが、幸いにも

「つま先がちゃんとつく、20インチ」

を見つけることが出来ました。

 

それよりも下のサイズになると、

デザインが若干幼くなっている為、

うちのお姉ちゃんからも却下されてしまいました。

(お前がちびっ子だから悪いんだぞ..)

 

ちなみに、

購入した自転車は20インチだったため、

補助輪がありません。

 

いきなりの自転車で

「補助輪無しは大丈夫?」

と心配になる方もいると思いますが、

 

コレには秘策があるのでバッチリなのです。

 

ちなみに、弟(4歳:男の子 根性無し)に

購入を検討しているのはこの自転車です。

 

お姉ちゃんが補助輪無しで練習中なので

彼には同じ方法で指導するため、

自転車練習前にコイツで練習です。

(自転車はちゃんと同じ店で購入予定です。)

 

彼の場合は男の子だから

ズリズリ擦りむいて強くなって頂きたいので

「ひざ小僧に傷が残ったらどうしましょう」

なんて気にしません。

 

「ヘルメット買ってやるから、公園でドンドン転べ!」

という感じですね。

 

今回のお姉ちゃんの自転車購入については、

自転車も、ヘルメットも、なかなか高価で

(保険、車両メンテ付きで20,000位)

お財布は痛かったのですが、子供の喜ぶ顔に、

買って良かったな、と嬉しくなりました。

 

休日にはなるべく練習に付き合ってあげようと思います。

(次回は秘策?の練習方法をご紹介しますよ。)

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


アニサキスの予防法や治療についてはコレでバッチリ!
腰痛の原因と対策まとめ
二日酔いを解消する記事まとめました

人気記事

まだデータがありません。



sponsored link

カテゴリー

follow us in feedly
UA-40862422-2