知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

ぬか漬けの作り方!冷蔵庫なら簡単で失敗なし!

time 2014/02/23

LINEで送る
Pocket

 

ぬか漬けって美味しいですよね。

 

発酵食品なので乳酸菌も豊富だし、

ぬかのおかげで、栄養もたっぷり

私も居酒屋に行くと必ず注文します!

 

でも、毎日混ぜるのが面倒だったり、

臭いが気になったり。

それに、せっかく作っても、あんまり美味しくない...

 

それなら、

実家のばあちゃん監修+自力で調べた知識 を元に、

パパでも作れる、簡単な作り方を教えちゃいます。

 

読み終わったら、ぬか床を作りたくなちゃうかも?

sponsored link

簡単なぬか床の作り方!容器はタッパーが便利!

 

まず、基本的に、

ぬか床はスーパーに売っているもので充分です。

 

最近では、色々な種類のぬか床が売られていて、

だしの成分が入ったものや、最初から保存容器に入ったもの

など、便利なものも多いですけどね。

 

ただし、そういったものは結構、値段が高く、

失敗するかもしれない初心者には、ちょっともったいないし、

ぬか床が減ってくれば、継ぎ足す必要があります。

 

なので、とりあえずお手頃なものを買ってくればOKです。

まずは、袋の表示通りにぬるま湯や、塩を混ぜて準備します。

(以下、これをぬか床とします)

 

そして、保存容器は、タッパーにして下さい。

ぬか床専用の、高価な容器も売っていますが、

100均やホームセンターのものでも十分使えます。

 

選ぶときには、混ぜやすい、深めのタイプが便利ですよ。

 

用意するもの

・ぬか床(適量)
・タッパー(ぬか床の量に合わせて)
・だしの出るもの(干し椎茸や昆布など)
・捨て野菜(きゅうり、人参、大根の葉など)
・鷹の爪(乾燥とうがらし)

 

[colored_box color=”gray” corner=”r”]

作り方

  1. 保存容器の底にだしの出る素材を置いてぬか床をかぶせる
  2. 捨て野菜を水洗いした後、水気を拭いて軽く塩もみする
  3. 1の上に2を置いて、さらにぬか床をかぶせて覆う
  4. 鷹の爪を刺すように漬けておく

[/colored_box]

 

これで、下準備は完成です。捨て野菜は、1日位漬けたら

新しいものと交換します。

 

最初はなるべく、1日1回、上下を入れ替えるように混ぜあわせます。

何日か繰り返していると、味が馴染んで塩辛さが和らぎ、

旨味がついてきます。(完成まで大体10日位です)

 

だし用素材の分量は適当で構いませんが、

ぬか床800gに対して、

昆布5センチ四方1枚、干し椎茸1個、鷹の爪2本(種なし) 

位を目安にしてみましょう。

 

しいたけは、砕いてしまえば混ぜあわせても良いですし、

昆布は何日か漬けたら、食べてしまっても、

放っておいても、大丈夫です。

 

容器ごと冷蔵庫に入れれば失敗なし!

 

ぬか床は、毎日混ぜ返すのが理想だそうです。

 

でも、仕事で帰りが遅くなったり、

次の日の朝は、遅刻しそうになったり、

毎日絶対混ぜるなんて、ちょっと大変ですよね?

 

そんな忙しい方にオススメなのが、

ぬか床を、冷蔵庫にしまって保管する方法です。

 

これなら、2~3日に一回混ぜるだけでも大丈夫ですし、

(最初の5~10日位は毎日混ぜるのが理想ですが...)

何より、温度変化が無いので、傷みにくく、雑菌の繁殖も抑えられます。

 

混ぜるときにも、手を綺麗に洗いましょうね。

いろいろと忙しくて、手が汚れるのがイヤ、という場合は、

ビニール袋に手を突っ込んで、かき混ぜるのも楽ですよ。

 

漬けるときにも季節によって、冬は長め、夏は短め、とか、

時間調整する必要が無いのも、会社勤めのパパさんには

ありがたいですよね。

 

美味しい漬物の食材はコレ!

 

[icon image=”finger1-r”]定番の野菜

  • きゅうり なす カブ にんじん

 

[icon image=”finger1-r”]ちょっと珍しいオススメ野菜

  • キャベツ セロリ 長芋 パプリカ アスパラ みょうが

 

※長芋とパプリカは居酒屋で食べましたが、特にオススメです。

生で食べられる野菜なら、ほとんどイケるみたいですね。

 

[icon image=”finger1-r”]美味しいという噂の食材

  • そのまま食べる  → トマト ゆでたまご チーズ 巨峰
  • 焼いて食べる   → 水切りした豆腐 豚ロース 魚の切り身 切り餅

 

※トマトと巨峰はちょっと勇気が入りますが、

半熟のゆでたまごを漬けたら、煮玉子みたいでうまそうだなぁ...

 

漬ける時間の目安は、冷蔵庫なので冬の外気温を目安に、

きゅうりやカブの場合で、大体、1日位としましょう。

ぬか床の塩分によって変わるので最適な時間を見つけて下さい。

tukrmono

 

ちなみに、変わった食材をつけるときには、

水分や、臭いが出る可能性が高いので、

変わり種専用の容器を用意して、漬けるようにしましょう。

 

ジップロックとか、小さめのタッパーとかに、

入れて空気を抜けば少量のぬか床でも漬かりますよ。

 

日々のお手入れ やり方は?

 

ぬか床が育って、美味しいぬか漬けが出来るようになると、

結構愛着が湧いてきますよ。

 

冷蔵庫で保管しているので、

「毎日欠かさずかき混ぜないと、ぬか床が傷んでしまう」

 

なんてことはありませんが、

なるべく様子をみながら、大事に育てていきましょう。

 

ぬか床によくあることと、対処法についてまとめてみました。

[colored_box color=”red” corner=”r”]

  • ぬか床が柔らかくなったら、炒りぬか10:塩1で調整する
  • 漬物が酸っぱい時は、塩を加えて様子を見る
  • 漬物が塩辛い時には炒りぬかを加えて調整する
  • 1ヶ月に1度は、昆布、干ししいたけ、鷹の爪を追加する
  • ぬか床の表面が白くなったら、塩を加えて混ぜる
  • カビが生えたら、厚めに取り除いて容器を洗い、塩を加えて混ぜる

[/colored_box]

 

白い膜は、産膜酵母といって、乳酸菌と仲良しなので、

ぬか床に悪さをする訳ではありません。

 

増えすぎると、臭いが出るだけなので、膜が出たら

全体を混ぜ合わせましょう。

 

それと、新しいぬかを足した時には、最初よく混ぜたら、

その後は、2~3日触らずに放っておいて下さい。

酸素が少ないほうが、乳酸菌が増えやすく、雑菌の繁殖が抑えられます。

 

また、旅行などで、長期間家不在になる時には、

表面に、塩をかぶせるように、まぶしておけば1週間位は

持ちますし、いよいよになったら、ぬか床は冷凍してもOK。

 

冷凍して冬眠状態になったぬか床は、解凍すれば復活し、

また活動を再開してくれますよ。

 

いかがでしたか?

やってみると結構簡単でしょ?

 

お酒のおつまみや、ご飯のお供に、

是非、試してみてくださいね。

 

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link

follow us in feedly
UA-40862422-2