知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?色の意味と花言葉!

time 2014/03/18

LINEで送る
Pocket

 

母の日は、日頃お世話になっているお母さんに感謝する日。

子供たちは、プレゼントとして、幼稚園や小学校の授業で、
「おかあさんありがとう」
って書いた絵や手紙を用意しているそうです。

hahanohi_present

そんなある日、子どもたちから
「母の日ってなんであるの?」

いつもの直球質問が来ました...
そういえば、いつから始まったんでしょうか?

カーネーションを贈る理由や、色の持つ、花言葉の意味
について調べてみました。

sponsored link

母の日の由来は?日本では森永が広めた!

 

母の日の由来について調べてみると、
記念日としては、色々な国にあるようです。

多くの場合、元々は神々を祝うお祭りなどが起源となっており、
その後、宗教や、女性の活動にちなんだものに、
変化していったみたいですね。

日本での始まりに関連のある、アメリカとあわせて、
由来をみていきましょう。

 

アメリカ

1907年5月12日、ウエストバージニア州

アンナという女性が、亡き母で女性活動家アン・ジャービスの
死を追悼するため、教会で行った記念会がきっかけでした。

記念会では、生前、彼女の生徒だった日曜学校の生徒と共に、
母の好きな花だった「白いカーネーション」を贈ったそうです。

その想いを知り、感動した人々とアンナ、その友人たちは、
母の日を作り、国民の記念日として祝うことを提案しました。

その後、この活動は広まっていき、
1914年から毎年、5月の第2日曜日は「母の日」として、
定められることになりました。

同時に、アンナが送った「カーネーション」は、
このエピソードとともに有名になり、

母親への感謝を表す、象徴的な花として、
位置づけられるようになったのです。

 

日本

日本では、1931年(昭和6年)頃から、当時の皇后誕生日などを
母の日として祝う活動がされていました。

ただし、残念ながら、これはあまり定着しなかったようです。

 

その後、本格的に広がりをみせたのは、戦争が始まり、
国民が意気消沈していく中での活動がきっかけでした。

それは、お菓子メーカーの森永が全国から20万人の母親を招待して
行った「森永母の日大会」の開催です。

このイベントは、新聞などで大きく取り上げられ、
話題になりました。

戦争が終わると、「母の日」はアメリカの記念日にならって、
5月の第2日曜日として定められる事になったそうです。

 

テレビCMで、ロッテが
「母の日にはチョコレートを贈ろう」
なんて、言っていたのに、

実は、日本の母の日は、森永が始まりだったのですね。

すみません...母の日は森永のお菓子買います。
(ロッテ完全に便乗商法じゃん!)

 

カーネーションを贈るのはなぜ?

 

母の日にカーネーションを贈るようになったのは、
先ほどの由来にあった、アメリカのアン・ジャービス
亡き母に送ったのがきっかけのようです。

彼女の活動はアメリカ中で広まり、、母の日に感謝の気持ちを
表すのに、カーネーションを贈ることが定着していきました。

戦後の日本でも、母の日を同じ5月にしたころから、
カーネーションを贈るという風習も、取り入れ始めたみたいです。

 

carnation

また、元々カーネーションには

  • 聖母マリアが、十字架に磔になったキリストに涙したあとに咲いた。
  • ギリシャ神話では生まれ変わりを象徴する。

といった言い伝えもあるそうです。

このことから、当初は、
「母親が健在な方は赤」 「故人の場合は白」

という、色分けもされていたようですが、最近では
品種改良も進み、色のバリエーションも豊富になったこともあり、
特にこだわることも少なくなったみたいですね。

 

特に、日本では明治時代からカーネーションの栽培が始まり、
昭和40年代後半~60年代にかけて急速に品種改良が進みました。

現在でも改良は続けられており、多くのバリエーションを持つ花として、
色や形の変化を、楽しむ事が出来るようになっています。

最近では、母の日にお花屋さんで、好みの色を選んで、
自由に組み合わせる花束が人気のようです。

 

母の日に、小さなお子さんがカーネーションを買って
ママに渡す姿はとっても微笑ましくて素敵ですね。

高価なプレゼントが無くても、感謝の気持ちと綺麗なお花があれば、
お母さんはとっても嬉しい気持ちになるでしょう。

 

色の持つ意味(花言葉)は?

 

最近では、品種改良によって、
様々な色のカーネーションが作られています。

それぞれの色が持つ意味(花言葉)をまとめてみました。
プレゼントする時の参考にしてみてください。

[colored_box color=”red” corner=”r”]赤・・・・・愛情 情熱 真実の愛
ピンク・・感謝 上品 暖かい心
黄色・・・友情 美 嫉妬 愛情のゆらぎ 軽蔑
青紫・・・永遠の幸福 誇り 気品
白・・・・・尊敬 純血の愛 愛の拒絶
[/colored_box]

 

花言葉だけ見ると、黄色はちょっと微妙ですね...
もし気にされるのであれば、赤とかピンクが無難かな?

 

ちなみに青紫のカーネーションは
「ムーンダスト」という名前で、最近作られたものだそうです。

作ったのはなんと、サントリー!

花屋さんじゃないのにカーネーション作るなんて面白いですね。
(2004年には、グッドデザイン賞受賞しています!)

 

母の日には、お子さんと一緒に花屋さんに行って、
素敵なカーネーションを選んでみたら如何でしょうか?

ちなみに、私の母親は、息子より孫から貰いたいようです。
(あんたウチの子の母じゃないだろ...)

母の日は、世界中のお母さんに感謝する日です。

普段言えない「ありがとう」を伝える為の良い機会だと
思いますよ!

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


アニサキスの予防法や治療についてはコレでバッチリ!
腰痛の原因と対策まとめ
二日酔いを解消する記事まとめました

人気記事

まだデータがありません。



sponsored link

カテゴリー

follow us in feedly
UA-40862422-2