知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

ご飯を鍋で炊く!1合でも美味しい簡単な炊き方!

time 2014/03/30

LINEで送る
Pocket

 

「しまった!ごはん炊くの忘れちゃった...」

でも、炊飯器って、ご飯炊くのに時間がかかったり、
1合だと美味しくなかったりしませんか?

急いで支度しなきゃいけないのに...

そんなときには、
お鍋でご飯炊いてみたらいかがでしょう。

実は、炊飯器よりも時間がかからなくて、
1合からでも美味しく出来上がります。

ごはん炊き忘れちゃって時間がないママや、
一人暮らしでちょっとだけご飯が欲しい方に、

是非、覚えておいて頂きたい、簡単な炊き方を
ご紹介します。

高い炊飯器にも負けないかも?

sponsored link

お鍋の方が美味しく炊ける!?

 

日本人が食べているお米はうるち米の中粒種といって、
もちもち、ふっくらした食感と、やさしい甘みが特徴。

この持ち味を引き出すには強い火力が必要なため、
最近の高価な炊飯器はそれを売りにしていることが多いですね。

家電売場では、
「高火力」「高圧」「ダイヤモンド~」「多層~」「真空~」
などなど、カッコイイ炊飯器が並んでいます。

mother_gohan_yosou

要するに、
お米に強い熱を伝えるためにたくさん工夫してますよ!

っていうのが売り。

でも、炒めものや揚げ物の出来るガスコンロ(IH)の方が高火力。
ご飯を美味しく炊く条件が火力にあるのであれば、

お鍋炊きだって負けませんよ。

それでは、簡単で美味しいお鍋炊きの方法を教えちゃいます!

 

用意するもの 鍋は普通で大丈夫!

 

お米

 

普通に研いでザルで水気を切ります。
無洗米なら、研ぐ手間もなくて簡単ですが、水の量をちょっと増やします。

水の量さえ気を付ければ、仕上がりはどっちを選んでも変わりません。

 

お水

 

普通のお米 1合に対して 200~220cc

無洗米   1合に対して 230~250cc

水の量は、何度か試して丁度いい分量を見つけましょう。
(夏場はつめたい水が理想です)

新米なら→少なめ、古いお米なら→多め
固めなら→少なめ、柔らかめなら→多め

という感じで調整してみて下さい。

 

お鍋

 

基本的にはどのお鍋でも炊けます。

100均の鍋でも、高価なステンレス鍋でもOKです。

目安としては、鍋の容量の6割位を仕上がりの量としたいので、
1合で14センチくらい、3合で20センチくらい
のお鍋を用意するとイイと思います。

 

あと、大切なのは、フタがしっかり出来る事!
ココは重要です。重みのあるものなら更に良し!

土鍋でなくても良いので、縁から蒸気を逃さない、
しっかりしたものを使って下さいね。

それと、炊いたあとに、鍋底にご飯がこびり付くのが
イヤな場合は、テフロンのお鍋を使ってみましょう
(強火に弱いので、炊く量が多い場合には向きません)

sponsored link

お鍋を使った炊き方!コツは強火と弱火の使い方!

 

炊き方

  1. お鍋にお米とお水を入れ、吸水させる
  2. フタをして強火にかけ、沸騰させる
  3. 弱火で10分強炊く
  4. パチパチ音がしたら強火で10秒
  5. 火を止めて10分蒸らす
  6. 混ぜて上下を返して完成

 

では、順番にみていきましょう。

 

まず、研いだお米を鍋に入れて、分量の水を加えます。

1合炊きなら片手鍋で充分。フタはぴったり目で。

ふつうの固さのご飯なら、
お米1合(150g)に対して、新米の場合で約210cc位、
無洗米なら230cc位にして試してみてください。

それを、夏場なら30分、冬場は1時間程、お米に水を吸水させますが、
時間が無ければ省略しても大丈夫です。

 

次に、お鍋にフタをして火にかけます。沸騰するまでは強~中火
量が多い場合ほど、強い火力で手早く沸騰させましょう。
※1合なら中火で良いです。鍋も小さいですし。

沸騰してシューシュー蒸気が出たら、弱火で10分
蒸気が落ち着くまでフタを強くおさえておくと、圧力がかかって
甘みが増します。

鍋底からパチパチと蒸発する音がしたら、仕上げに強火10秒→火を消す
鍋のそばでタイミングを図り、音を聞いていましょう。

 

フタをしたまま10分ほど放置して蒸らしたら、
お米を潰さないように、ふんわりと上下を返して混ぜます。

あとは、ふきんでフタの内側をくるみ、
水滴がご飯に落ちないようにすれば完璧です。

1合分の小さな鍋ならキッチンペーパーでも十分ですね。

 

炊飯器よりも早い!冷めてもモチモチ感が持続!

 

ね。簡単でしょ?一人暮らしの男性だって作れそうですよね。

 

それに、ご飯をお鍋で炊くのには、美味しく炊けるだけではなく、
「調理時間も短くて済む」という、メリットもあるんです。

大体、炊飯器の場合、研いだお米と水をセットして、
スイッチを入れると、大体1時間位でブザーが鳴って完了。
って感じですよね。

でも、お鍋で炊く方法なら、半分くらいの時間で出来ちゃいましたね。
(お米を研いで水に浸しておく時間は除く)

仕事で帰宅が遅くなったり、ご飯を炊くのを忘れてしまった時、
炊飯器の速炊き機能を使うよりも、全然美味しく炊けます。

 

また、同じお米を炊いて比較した場合、
若干柔らかめに仕上がるのですが、

ご飯が冷めた時、温め直した時の美味しさは
お鍋で炊いたものの方が上でした。

コレもお鍋がオススメな理由です!

美味しいごはんが食べたくなったら、是非、作ってみて下さいね。
でも、食べ過ぎには注意ですよ!

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


sponsored link

UA-40862422-2