知りたいことググりました。

日常の気になること、「これが知りたい!」を体験を元に記事しています。あなたの疑問も解決するかも?

正月太りの原因はもちじゃない!予防方法や短期間で痩せるコツは?

time 2013/12/02

LINEで送る
Pocket

火鉢ともち年末からお正月にかけてお休みになる方も多い

と思いますが、連休が終わってみると

「ヤバイ!太ったかも!(汗)」

という方も多いのではないでしょうか?

お正月って普通の日とは過ごし方も違うし、

食べるものも、お餅やおせちなど特別なお料理を

食べますよね。カロリーや太る原因予防方法痩せるコツ

ついて調べてみました。

太る原因はおもち?じゃない!おせちのカロリーって高いの?

 

お正月に食べるお餅って凄く美味しいですが、ついつい食べ過ぎてしまいますよ

ね。おせちや、普段とは違ったごちそうも出てくるため、美味しくてつい、

手が出てしまいます。

でも、正月太りの原因は本当に食べ物にあるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

 

正月に食べるものカロリーまとめ(普段のものと比較)

主食

おもち1個あたり  100kcal

ごはんお茶碗一杯  250kcal

食パン6枚切り1枚 160kcal

 

意外な結果ですが、お餅2つ食べてもご飯1杯よりも低カロリーでした。

食パンはジャムやバターを塗るので一番高カロリーになりそうですね。

同じく、お餅もお雑煮ではなく、あんこなどと一緒に食べると高カロリーに

なってしまいますが...

(三が日全部あんこ餅も珍しいですが地方によってはあるんですよね。)

 

おせち料理 高カロリー系

栗きんとん 2粒 170kcal

黒豆   10粒  57kcal

伊達巻   2枚  80kcal

 

おせち料理 低カロリー系

かまぼこ  2枚  40kcal

数の子   2切  20kcal

 

その他、大根と人参のナマスや、田作り、煮しめ等も砂糖がたくさん入っている

為、意外と高カロリーになっていました。元々、おせち料理は忙しいお母さんが

お料理を作らなくて済むように作られた日持ちのするおかずなので、お砂糖の

多めに入ったおかずが多いですね。

 

その他にも、お酒のおつまみにはハムやチーズなど、ちょっと濃い目の

食品も食べる事が多いですね!また、おせちに飽きた後に食べる、

すき焼きやカレー、ラーメンにお寿司等もカロリーが高いですよ!

 

正月太りの原因は、おもちでは無く、それ以外に食べたくなるものに

危険が潜んでいるようです。

 

予防方法は?年末の過ごし方から始まっている?

 

正月太りを防ぐには普段から代謝の良い体づくりをしておく事が

需要です。冬になってくると、寒くなって基礎代謝が落ちてきます。

秋から冬にかけて食欲は増してくる為、

冬眠するために太る という状況になっていきます。

 

寒くなってきたら意識して身体を動かすようにすると良いです。

お散歩や階段を使うように心がけたり、大掃除を何日かに分けてこまめに

やるようにしましょう。

 

いっぺんにやると疲れてしまうだけでなく、妥協して全部やりきれない可能性

もありますよね。1回に30分~60分位でも充分に有酸素運動が出来ます。

これってかなり良い運動だと思いませんか?

 

それと、お子さんがいたり犬を飼っているお家では、外に行って遊んであげる

のも非常に良いです。相手が頑張りすぎてヘトヘトになってしまうかも

しれませんがその頃には結構なカロリーを消費していることでしょう。

 

腹筋やジョギングなど、続けられる根性がある人は基本そんなに太りません。

冬の間にちょっとだけ身体を動かす事を意識すれば、基礎代謝が下がった分は

取り戻せるかもしれませんよ。

 

正月太りを短期間にやせるコツを紹介します。

 

それでも太ってしまったらしょうがないですね。諦めずにダイエットを

しましょう。ココで妥協すると春まで痩せない事になり、

「あれ?服が入らない???」なんてことにもなりかねません。

 

ということで、一生懸命ジョギングするとか、ジムでガシガシ運動するとか

イヤだと思うので、手軽に出来て短期間に効果のあるダイエットの

コツをご紹介したいと思います。

 

まず、食事についてですが、

基本的には温かいもの身体を温めてくれるもの

積極的にとりましょう。ベタですが、ショウガやネギ、黒豆などが良いですね。

飲み物はココアやコーヒーが欲しくなりますが、お砂糖を入れては意味が

ありません。烏龍茶や緑茶など、温かいお茶を飲むようにします。

 

そして、代謝アップの秘訣は寒さを感じること。外に出て寒さを感じると

熱をつくろうとして身体が頑張ります。ちょっとしたお買い物は歩いて行くとか、

お散歩などは意識したほうが良いですね。少しは歩かないとダメです。

 

その時はマフラーやタオルで首を温めたり、背中を貼るカイロで温めておくと

代謝アップによる脂肪燃焼効果が期待できます。背中=肩甲骨まわりを

温めると体温をあげてくれるので風邪の予防にも効果的です。

肩甲骨周りをぐるぐる動かすだけで血行がよくなり、免疫力や代謝が活発に

なりますよ!是非試してみて下さい。

 

また、ふくらはぎをマッサージして下半身の血行を良くしたり、

お腹まわりの筋肉が衰えないように猫背に注意することも重要です。

 

生活の中でちょっと意識を変えてみるだけで健康的に

痩せる方法はいくらでもみつかります。普段の過ごし方ひとつひとつに

ちょっと脂肪を燃焼させることを取り入れてみましょう。

それだけで、やってない人とは雲泥の差が生まれてきますよ!

(でも、お正月休みってあれもこれも食べたくなるんですよね...)

LINEで送る
Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link

follow us in feedly
UA-40862422-2