スポンサーリンク

ハッカ油にはどんな効果があるの?購入前に知っておきたい6つの効能!

最近、ドラッグストアなどで、ハッカ油を使った商品を見かけることが多くなりました。

昔からあるものですが、便利な効果や効能に注目が集まっているようです。

あなたはハッカ油の効果や効能って、どんなものがあるか知ってますか?

私の場合、子供がまだ小さかったり、自分も薬品とかにすごく弱くて、蕁麻疹とか出やすいんですよ。

なので、安心して使えるものってすごく興味があるんです。

ちょうど近所の薬局にも売っていたので、家族に買ってみようかと相談したのですが、

嫁「えー?そんなの、ただスースーするだけじゃないの?」
息子「ドロップのハッカ嫌い!」

って、言われちゃいました...

でも、ホントにスゴイ効果があるんですよ。

(確かにスースーを利用するんですけどね。そのスースーがすごいの!)

ということで、今回はハッカ油の様々な効能・効果についてです。
ハッカ油の効果と活用方法について
ハッカ油がちょっと気になっている方、買っちゃったけど何に効くのよくわからないあなた、

そして、スースーするだけとバカにしていた嫁に向けて書きまとめてみました。

活用方法については詳しくお伝えしたいので、次回の記事で詳しくご紹介したいと思います。

なので、今回、次回と前後編的な感じで読んでみてください。

では、前編『効能・効果』です。

スポンサーリンク

ハッカ油の効能・効果!

 
ハッカ油の主な効能・効果は以下の6つになります。

  1. 制汗
  2. 防虫
  3. 防鼠・猫よけ
  4. 鼻づまり
  5. 防カビ・抗菌
  6. 消臭

それでは、一緒にひとつずつみていきましょう。

尚、◯☓は、私が使って感じたこと、調べて知ったことなどから、評価をつけさせていただきました。

◎=素晴らしく効果を感じる
◯=効果がある
◯(△)=効果はあるけど使い方次第
△=ちょっと微妙

といった感じです。参考にしてみてください。

制汗:◯

ハッカ油が肌に触れると、皮膚の表面の細胞が、敏感になってスースーします。

そうすると、ちょっとした風などでも涼しく感じるので、暑い時などにオススメです。

 

ちなみに汗を止めるには、汗のかき始めに、首のうしろや、脇の下、手首なんかに使うといいみたいです。

香りが良くて制汗作用もあるので、是非、暑い夏の時季に活用したいですね。

防虫:○

ハッカ油は害虫に対しての忌避効果があるといわれています。

忌避効果とは、虫が嫌う匂いで近寄らせないことです。

2016年に発売したアース製薬のゴキブリ用新商品にはハッカ油で駆除、忌避をするものが販売されていました。

厚生労働省の認可を受けているということなので、その効果はお墨付きといえるでしょう。

 

ちなみに、忌避効果があるのは、

ダニ・蚊・ブヨ・蜘蛛・ゴキブリ・ムカデなどです。

ただし、香りが強くないと効果が出ないこと、シバンムシは逆に引き寄せてしまう、といったデメリットもあります。

 

使用する場合は、どの虫に対して使いたいか、考えて使った方がよさそうですね。

防鼠・猫よけ :△

ネズミや猫は一般的にミントの香りがキライといわれています。

なので忌避用のトラップなどに使われる場合もあるようですが、これはちょっと期待しないほうが良いと思います。

というのも、動物は嫌いなニオイがあっても、身近に存在しているとだんだん慣れてきて、いずれは平気になってしまうんです。

 

さらに猫についてネットで調べてみると、飼猫の中には「ウチの猫はメントール好き」、「ムヒ塗ると寄ってくる」なんていう書き込みもあったりして...

 

鼠も学習能力が高いといわれているので忌避剤としての効果は微妙かもしれません。

試したことが無いので確証は持てませんが、動物には効く場合と効かない場合があることを覚えておきましょう。

あと、寄ってくる猫がいると聞いて、面白がって、ご自宅の猫で試したりするのはやめて下さい。

ハッカ油のニオイが嫌いな猫だったらかわいそうなので。

鼻づまり:◎

花粉症の季節も、ハッカ油の需要は伸びるそうです。

鼻づまりにはスースーした香りがよく効きますからね。

鼻づまりがひどい時に、マスクにちょっとだけ香りをつけたり、ミントの香りを直接嗅いだりすると、鼻がスーッと通りますよ。

鼻水が止まるわけではありませんが、鼻をかむ時にたくさん出る(笑)のでスッキリします!

言われて気がついたのですが、確かにのど飴とか、花粉症の時に使う鼻孔洗浄のスプレーって、スースーしたものが多いですよね。

香りの好みはありますが、ミント系が嫌いでない方は、鼻がつらい時期に試してみると良いでしょう。

防カビ・抗菌:○(△)

ミントの香りには防カビ効果があるといわれています。

ハッカ油を販売している会社のサイトなどにも書かれているので効能的には有名みたいですね。

お掃除の水拭きの時に数滴混ぜて使うと、ミントの香り+防カビ・抗菌効果で、スッキリきれいになりますよ。

ただし、ちょっと注意点があります。
 
ハッカ油の防カビ・抗菌作用はそれほど強力では無いんです。

なので、水廻り系(風呂・洗面所)の防カビ剤のようなイメージで使うとちょっと頼りないと思います。

とはいえ、使えばハッカ油のいい香りが残るので、床とか引き出しとか、そういう所のお掃除に使うにはピッタりです。

なので、通常の水拭き掃除をする場所でうまく使うのが良いでしょう。

消臭:△

ハッカ油は香りが強いので、家庭の生ごみやトイレなどで使用すると臭いニオイが気にならなくなります。

ただし、ニオイのもとを分解する訳ではないので、ミントの良い香りをかぶせて気にならなくさせる、といった感じです。

厳密に言うと消臭ではないかもしれませんが、外に出したゴミとかに使うと虫除けになって良いと思います。

さいごに

いかがでしょうか?

ハッカ油って、意外といろんな事に使えるんですよ。

どの効果もそれほど強力ではないので(使い過ぎると凍えるというのはすごいですけど...)、防カビ、防虫防鼠の効果としてはちょっと弱い部分もあるかもしれません。

とはいえ、人に無害というのは大きなポイントですね。
 
なので、「お家に赤ちゃんがいて薬品が心配」「身体に優しいものを使いたい!」といった方には是非、オススメしたいアイテムです。

ちょっと多目に使いすぎても、スースー感が強くなるのと、ちょっと目がしみるくらいです。

(マスクしてガムかんだ時の感じですって、わかりますかね?...)

ということで、次回は簡単便利な活用法についてご紹介していきます。

面倒臭い方法は一切ナシ!ですから是非、参考にしてみて下さいね。



ハッカ油
スポンサーリンク
ryu-ta1004をフォローする
知りたいことググりました。

コメント