スポンサーリンク

猫背を簡単に治す3つの方法!今スグ出来るキレイな背筋の確認法とは?

猫背を治す方法は正しい姿勢から 猫背

「いつもうつむいた感じで暗い」
「太ってないのにお腹が出ている」
「肩こりや腰痛がひどい」
「呼吸が浅く疲れやすい」
[br num=”1″]

これらが当てはまるあなた、もしかして猫背じゃないですか?
 

子供が携帯ゲーム機で遊んでいる時によく姿勢が悪いよ!と注意するのですが、実は私も、会社の机で仕事をしていると、猫背になっていることが多く、それが気になっていました。

とはいえ、ふと気がつくと、無意識に猫背になってしまうし、そもそも、正しい姿勢がよくわからない...

なので、猫背については悩みの一つだったんです。

 

そのため、猫背解消については色んな本を読んだり、調べたりしましたが、ついに簡単に治す方法を見つけちゃいました。

自分はこれを知ってから、すぐに普段の生活に取り入れたおかげで、家族や会社の同僚から、以前よりも姿勢が良くなったと言われます。

更にこれを継続していくと、お腹はヘコむし、肩こり腰痛も改善されるんですよ。

[br num=”1″]
ということで、今回は、簡単に猫背を治す方法についてです。

 

簡単でとても効果のある方法なので、是非試してみてくださいね。




 

スポンサーリンク

猫背を簡単に治す方法!

猫背を根本的に改善していくには、

  • 身体を支えるのに必要な筋肉をつける
  • ストレッチで身体を柔軟にする
  • 常に正しい姿勢を心がける

といった事が必要といわれています。

 

でも、、筋トレもストレッチも毎日続けてやってみようとしても、意外と続かないものですよね。

必要だと分かっていても、実際のところ習慣化できている人も少ないと思います。

(簡単で続けやすい筋トレについてもいずれご紹介していく予定です)

とはいえ、猫背を治すためには、少しずつ改善していかなければいけません。

なので最初はちょっとハードルを下げて『正しい姿勢』について、触れていきたいと思います。

 

今回はこの本を参考にしてみました。
猫背を治す方法を簡単に!

『猫背が治って心も体も強くなる』

小池義孝さんという気功の先生が書いているのですが、内容的には非常にわかりやすく、自分で試してみると効果が実感出来るものばかりでした。
 

今回ご紹介する大事なポイントは

  1. 深呼吸(腹式呼吸)
  2. イメージトレーニング
  3. 正しい姿勢を知る

この3つです。
それでは、順番にみていきましょう。

深呼吸(腹式呼吸)

「猫背と呼吸が関係あるの?」と思われたかもしれませんが、猫背のうつむいた状態って、胸が潰された感じじゃないですか?

 

この状態だと、無意識での自然な呼吸の際、前かがみになっているせいでに肺が潰れ、浅い呼吸しか出来なくなっているんです。

 

それなら、呼吸が深くなれば、上半身が膨らみ、背筋も伸びるという事に繋がりますよね。

 

そこで、深呼吸(腹式呼吸)の出番です!

 

肺いっぱいに息を吸い込む深呼吸には、身体を内側からストレッチする効果があるんです。

前かがみに縮んだ上半身を正しい姿勢に起こしてくれますよ。

 

腹式呼吸をするのが難しいという方は、『お腹に空気を入れる』イメージで呼吸している人が多いようです。

呼吸の時に無理してお腹を膨らませようとしても、上手く出来るはずはありません。

だって、お腹が膨らむのは、肺が膨らむことにより横隔膜が下に押し下げられて、お腹が出るからです。
なので、腹式呼吸の際のイメージは、

『肺が膨らむことで横隔膜が下に下がり、お腹が出てくる』

これを意識してみると割と簡単に出来るようになりますよ。

ちなみに、この深呼吸については、『1日に何回やればいい』という決まりは特にありません。
 

休憩時や思いついた時、「あ、今姿勢悪かったかも」なんて気がついた時にリセットするつもりでやってみましょう。

 

猫背を改善する深呼吸のやり方

  1. 一度全部息を吐き出す  横隔膜を上げて、肺を小さく絞るイメージでゆっくり出し切る
  2. ゆっくり思い切り吸い込む  身体を起こして、肺を思い切りふくらませるイメージ
  3. 力を抜きながら吐き出す   身体を傾けずに、肩を少し落とすように

 

立った状態の方がやりやすくてオススメですが、座った状態でも構いません。

深呼吸がちゃんと出来るようになると、自然と無意識の呼吸も深くなり、

  • リラックス効果
  • 基礎代謝UP
  • 成長ホルモンの分泌促進

といったメリットも期待出来るんです!

普段の呼吸もシッカリ出来るように、1日に何度か、肺と身体を目一杯膨らませた深呼吸をしてみましょうね。

 
私は試し始めた時に、つい忘れてしまうことが多かったので、以下のタイミングでは必ず深呼吸するようにルールを決めました。

  • 朝起きた時
  • 仕事の始業時
  • お昼休み
  • 仕事の就業時
  • お風呂上がり
  • 寝る前

これだけやると、自然に胸が広がり肩甲骨も良く動く為、ストレッチ効果で肩こりや腰痛の改善にも効果的ですよ。



背筋がすっきり!イメージトレーニング

先程の呼吸法と比べると、こっちはもっとシンプルで簡単な方法です。

 

立っている時、座っている時など、いつでもいいので思いついたときに、自分の頭の上に、赤い風船が浮かんでいるのをイメージします。

ちなみに、風船を赤にしたのは、色が目立ってイメージしやすいからです。思い浮かべやすい色でOKですよ。
 

そして、頭のてっぺんと、その風船から垂れている紐がつながっていて、自分が軽く吊られている感覚で背筋を伸ばしてみましょう。

そうすると、無理なく自然に、きれいな姿勢になります。

 

先程の深呼吸の時にも、息を吸い込む時に風船に吊られている感じを意識してみて下さい。

でも、胸が反り過ぎは逆効果です。あくまで、『自然にふわっと』が理想ですよ。

 

自分でも気が付かなかった正しい姿勢を知ろう!

[br num=”1″]
それと、普段から姿勢に気をつけておく為には、正しい姿勢がどういうものか、理解しておく必要があります。

なので、正しい姿勢の確認について、2つご紹介しておきますね。

 

膝立ちの姿勢


正座した状態から、気持ち膝を広げて、そのまま床に膝立ちになってみましょう。
猫背を治す方法は正しい姿勢から
 

バランスの取れた状態だと、無理なく自然に背筋が伸びていると思います。
この時、試しにわざと猫背になってみてください。

するとバランスが崩れて、前のめりになりませんか?

 

膝立ちの状態だと、足の裏や膝で重心のズレを修正出来ないので、バランスが悪いと身体を支えられないんです。

この膝立ちの体勢の時の背筋が理想です。覚えておいて下さいね。

 

立ったままでも辛くない姿勢

今度は完全に立ってみましょう。

 

この時に、順番に意識していくポイントがあるので、立ちながら以下の順でイメージしてみて下さい。

  • 足の裏の、踵と土踏まずの間ところに重心が来るように意識する
  • そこに膝から下脛の骨が真っ直ぐに乗っている状態を意識する
  • 更に、太ももの太い骨が同じ様にきれいに乗っている状態を意識する

 

自分でバランスがとれているな、と感じたら、ここで身体の力を完全に抜いてみて下さい。

それでも、身体の歪みが無く、先程の膝立ちの姿勢に近いと感じたらOKです。

 

重心のバランスと、下半身の骨が身体を支えてくれるので、これなら、長時間立ったままでも、姿勢が悪くなりにくいです。

なので、姿勢を確認するだけでなく、長時間立ったままで過ごすときにもオススメです。是非、試してみて下さい。

まとめ

 

では今回のポイントです。

猫背を簡単に治す方法

  • 深呼吸...腹式呼吸を意識する
  • イメージトレーニング...頭の上の風船を意識する
  • 正しい姿勢を知る...膝立ちの姿勢が理想のカタチ

 

猫背がひどくなると、肩こりや腰痛といった症状や、呼吸が浅く疲れやすい体質になったりするといわれています。

更に呼吸が浅い状態が続くと、ストレスに弱く、精神的にも不安定になっていくそうです。

冒頭の「太ってないのにお腹が出ている」とか、猫背って地味ですけど体に対する悪影響が他にもたくさんあるんです...

なので、猫背に悩んでいる方は、今日からすぐ、この解消法を試してみて下さい。

簡単ですが、猫背には効果抜群です。

これなら、自分では気が付きにくい悪い姿勢も簡単に改善出来ますよ!





猫背
スポンサーリンク
ryu-ta1004をフォローする
知りたいことググりました。

コメント