スポンサーリンク

字を綺麗に書くコツとは?どうすれば上達するの?

雑学

 

外出先から会社に戻ると、

「◯◯さんよりお電話がありました。」

というメモが。

 

「ああ、この間の見積の件かな?」

綺麗な字のメモを見ると、その事にスッと気持ちを向けられます。

enpitsu_mochikata

でも、子供よりも汚い字で書いてあると、

「何だコレ!すげーな...」

とちょっとびっくりしてしまいます。

 

伝言メモ程度なら良いのですが、芳名帳や宛名書きなど
 
「字が汚くて恥ずかしい。」

「書くのが難しい。」

なんてことありませんか?

 

すぐに上手に字が書けるコツ!教えちゃいます。

綺麗な字を書くコツ 基本を守ろう

 

綺麗な字を書くときのコツは

  • ゆっくり、丁寧に書く
  • 「とめ」をきっちり守る
  • 書き順を守る
  • 漢字は気持ち大きく、かな文字は気持ち小さく
  • 迷いなく書く

などが、挙げられます。

 

[icon image=”point-b-bk”]ゆっくり丁寧に書く

まず、最低限のルールとして、綺麗な文字を書きたいのであれば、書き順を守って、丁寧に書きましょう。

 

もし時間がかかってしまったとしても、それだけで、いつもより綺麗に書けているはず。

汚い字は早さ重視で雑な事が多いです。

 

[icon image=”point-b-bk”]「とめ」をきっちり守る

それと、習字の先生は、

「とめ、はね、はらい を意識しましょう」

と教えます。

 

実際には「はね」「はらい」は結構難しく、大人でもしっかり書けない人が多いようです。

(自分は自信がありません...)

 

なので、まずは「とめ」を意識してください。

これだけでも読み手は丁寧な印象を受けます。

 

[icon image=”point-b-bk”]漢字は気持ち大きく、かな文字は気持ち小さく

あと、字を書いた時のバランスとして、

漢字は少しだけ大きく、かな文字はやや小さめ

を意識して書きましょう。

 

よく、画数の多い字が大きくなったり、縦に広がったりするのを見かけますが、かなりカッコ悪いです。

 

でも、そういう難しい字を小さく書くのって大変ですよね?

なので、漢字は基本的にどれも大きめ、ひらがな、カタカナは若干小さめを意識すれば、バランスよく文章が書けますよ。

 

[icon image=”point-b-bk”]迷いなく書く

最後に、字を書くときに迷いは禁物です。

よく、封筒に宛名書きをしたり、結婚式などの、芳名帳を書くときに、

普段より下手な字を書いてしまう人がいます。

 

コレは、住所を気にしたり、書くときに曲がってしまわないか、心配になっているせいですね。

 

対策として、封筒に書く前、結婚式の前日など、事前に裏紙などに書く内容を練習しておきましょう。

迷いのある字は歪みますよ。

 

六度法で更に上達しよう

 

また、きれいな字を書くことに興味が出て、

「もっと上手に書きたい!」

と思うようになったら、さらに、以下の3点について、気をつけてみてください。

 

  • 等間隔
  • 右肩上がり
  • 重心は右下

 

コレは、富澤 敏彦さんという、字を書く事を教える専門家が、

生み出した6度法という、上達方法で、習字のように

お手本となる文字を、延々模倣するのではなく、技術として、綺麗な書き方を学ぶ、というものです。

 

[icon image=”point-b-r”]等間隔

まず、「車」「事」など、横線を複数書く場合、

平行で等間隔になることを意識します。

角度、間隔、両方がバランス良くなるように書きましょう。

 

コレは点を打つときも同じです。

例としては、まさに「点」という字の、

右下がりの3つの点は、等間隔だと綺麗ですよね。

 

[icon image=”point-b-r”]右肩上がり

次に、文字を書くときには

左から右に向かって、斜めに上がっていくように

書いて下さい。

(角度で、大体6度程度)

 

これだけでも、劇的にカッコイイ、綺麗な字に見えてきます。

 

[icon image=”point-b-r”]重心は右下

最後に、「大」「人」など、右下に向かってはらう文字は、

重心を右下に置き最後のはらいをシュッと伸ばすように、

ちょっと長めに書いてみましょう。

書いた文字が名人のように立派に見えます。

(ちょっと言い過ぎました...)

 

これらにについては普通の罫線ノートや、宿題のプリントにいきなり角度を意識して書くのは難しいので、

練習帳を購入して見るのがオススメです。

【送料無料】六度法ノート [ 富澤敏彦 ]

【送料無料】六度法ノート [ 富澤敏彦 ]
価格:1,470円(税込、送料込)

 

綺麗な字は得をする!

 

最後に、文字に纏わることわざには、

  • 名は体を表す
  • 字は体を表す
  • 書は人なり

などがありますが、古来より、文字には

書いた人の人柄や性格が現れると考えられています。

 

とはいえ、字が上手だから、下手だからといって、その人自身を評価してしまうのはちょっと乱暴かもしれませんね。

 

でも、「きれいな字を書くコツ」には、丁寧に、書く、バランスを考える、など、

繊細な作業が必要となります。

 

知り合いの文字を思い出しながら、性格を当てはめてみると、

「うんうん、あいつらしい。」

と、納得してしました。

 

第一印象はまず、見た目から。字も同じです。

 

会社にいるときも、電話メモの字が綺麗な女性は、素敵な印象を受けますし、カッコイイ字を書く上司は、仕事が出来る感じがします。

(あくまでイメージですが。)

 

ちょっとだけ字を綺麗に書くだけで、得することも多いかもしれませんよ。

 

コメント